JPN flag

日本快勝 イタリアセールグランプリを制す

6 JUNE 2021News
Tags:
  • 日本
アラゴン城(ターラント市)でおこなわれた表彰式

月6日、セールGPシーズン2ターラント大会2日目(最終日)。2位で初日を終え、勢いに乗る日本チームは、不安定な風に翻弄される他国を尻目に、安定したスピードで残りの予選フリートレース第4レースを3位、第5レースは1位と締めくくり首位で決勝レース進出を決めました。決勝に駒を進めた上位3チームは日本、米国、スペイン。一発勝負で得点差に関係なく勝者が大会優勝となる決勝レース。日本は、米国のアクシデントに助けられるも、終始安定した走りとスピードでスペインを振り切りシーズン2、2戦目にして大会優勝を果たしました!

日本艇、優勝の瞬間

レースハイライト
第4レース:混戦の中でスタートを切った日本艇。スタートの位置は良かったもののオーストラリアとの接近で痛恨のペナルティー。後ろから追い上げる展開でしたが、ここから底力を発揮するのが今大会の日本チーム。最後は3位まで順位を上げました。一位は初日はトラブルで苦しんだオーストラリアチーム。

第5レース:日本は、スペインをスタートラインから追い出し、有利なポジションでスタート。4位で最初のマークを回航、先頭集団とは逆の海面を走り、2位まで浮上。レース終盤にオーストラリアとの接戦を制し、トップフィニッシュ。予選成績、1位日本、2位アメリカ、3位スペインが決勝レース進出を決めました。

決勝レース:スタートから飛び出した米国が中盤まで完璧な走りでリードを広げましたが、最後の風下ゲートを回った直後に突然コントロールを失い失速、後退。日本とスペインの一騎打ちに。今大会3位以下を取っていない日本の安定した走りトスピートで、最後は猛追するスペインを振り切り、イタリア大会を見事な逆転勝利で締めくくりました。

選手コメント
ネイサン・アウタリッジ
「バミューダ大会ではアメリカチームと接触し成績が出ず、とても残念に感じていました。ターラントに来て全てのレースで3位以内を獲得するという目標を設定し、それを叶える事が出来、満足しています。それが今回の結果としてあらわれました。あきらめずに努力を続けたチームを誇りに思います」

フランチェスコ・ブルーニ
「私たちはこの一週間トレーニングを含め上手く出来たと思います。決勝レースでは少しラッキーな面もありましたが全てのレースで実力通りの素晴らしい結果をだ出せたと思います」

笠谷勇希
「今日は軽風だったので、4レース目と5レース目(予選)に出ました。昨日は3人でセーリングしたので、僕の出番は無かったのですが今日の2レースで全力を出しました。最後の決勝レースは出場しなかったのですが日本チームが優勝出来た事は本当に嬉しいです。次のプリマス大会でも良い結果が出せる様に頑張ります」

また、今大会には在イタリア日本大使館の大江大使ご夫妻が2日間にわたりわざわざローマから応援に駆けつけてくださいました。レース後はチームベースをご訪問され、選手との交流を深めました。

シーズン2第3戦はプリマス(イギリス)へ
英国の海洋都市であるプリマスはセールGPシーズン2第3戦イギリス大会の開催地として名乗りを上げた国内5つの候補地の中から選ばれました。豊富な海の歴史と英国初の国立海洋公園で有名なプリマスはイングランド南西部の歴史あるデボン州に存在します。各チームが繰り広げるアドレナリンに満ちたレースは関連する港、都市基金、サットンハーバーグループによる支援を受け、プリマス市議会と協力してプリマスサウンドで開催されます。

イタリア大会の結果
シーズンスタンディング(2戦終了時点)