JPN flag

SailGP第3戦ニューヨーク大会、明日開幕

20 JUNE 2019News
Tags:
  • 日本
ニューヨーク・自由の女神前をフォイリングするJapan SailGP Team Lloyd Images@SailGP

ニューヨーク(アメリカ) – SailGP(セールジーピー)第3戦ニューヨーク大会が、いよいよ明日スタートします。大会前日の6月20日(日本時間6月21日)に予定されていたプラクティスレースは、雷を伴う前線通過による荒天のため残念ながら中止となりました。明日はいよいよレース本番です。レースは現地時間21日午後5時(日本時間6月22日午前6時)に始まります。

ニューヨーク大会を前に高橋レオ、森嶋ティモシーの若手二人は「摩天楼を吹き抜ける不規則な風と、ハドソン川の潮の流れがレースを難しくすると思いますが、今度こそ優勝したいです。きっと面白いレースになると思います」とレースにかける意気込みを話しました。

プラクティスレースに先立ち行われた公式記者会見では、総合優勝チームに送られるトロフィーが公開されました。ラグビーワールドカップで優勝チームに送られるウェブエリス杯と同じく、イギリスのトーマス・ライト社で制作された純銀製のエレガントなカップです。この優勝杯を手にするのはどのチームでしょうか。

公開されたトロフィーと6人のスキッパーたち Chris Cameron@SailGP 左から)フィル・ロバートソン(中国)、ローム・カービー(米)、トム・スリングスビー(豪)、 ネイサン・アウタリッジ(日本)、ビリー・ベッソン(仏)、ディラン・フレッチャー(英)

ニューヨーク大会は2日間に渡って全6レースが行われます。初日の6月21日(日本時間6月22日)は全艇が一斉にスタートするフリートレースを3レース、最終日の6月22日(日本時間6月23日)はフリートレース2レースと上位2チームによる決勝のマッチーレースが行われます。マッチレースに勝利したチームが優勝チームとなります。レースの開始はいずれも日本時間の午前6時の予定です。

断続的に通過する前線の影響でプラクティスレースは中止に Lloyd Images@SailGP