英国の海洋都市がSailGPシーズン2の開催地に決定

4 SEPTEMBER 2020News
Tags:
  • イギリス

毎年行われるセーリング最高峰の大会が、 2021年サンフランシスコ、ニューヨークに続き英国デヴォン州のプリマスで開催

-2020年9月4日- 2021年SailGP再開に向け、シーズン2 欧州でのデビュー戦の開催地として英国の海洋都市プリマスが選ばれました。開幕戦となる4月のサンフランシスコ大会、そして6月のニューヨーク大会に続く第3戦は7月17〜18日、英国海域で開催されます。

豊かな海洋史と英国初の国立海洋公園の計画で有名なプリマスは英国の南西海岸に位置する歴史的なデヴォン州の都市です。各国代表チームによるエキサイティングなレースはプリマス市議会と協力し、アソシエイテッド・ブリティッシュ・ポート、イングリッシュ・シティズ・ファンド、サットンハーバー・グループの支援を受け、プリマスサウンドで開催されます。また、プリマス大会は、市のメイフラワー号航海400周年イベントの一環として大西洋を渡った米国への象徴的な航海の記念日を称えます。 プリマスは、英国内5都市による6ヵ月に及ぶ誘致競争の激しい入札プロセスを経て選ばれました。

SailGPシーズン1の英国大会( 世界中2億1300万人が視聴する中、24,000人の観客が実際に会場を訪れ、2,400万米ドルの経済効果を地域社会にもたらした)では、印象に残る衝撃的な場面がありました。米国チームが満員の大観衆の目の前で、ダイナミックに横転しリタイア。イギリスとオーストラリアの両チームは、これまでのレースでは考えられない最高速度を記録し、歴史を塗り替えました。セーリング界でも名声の高いプリマスは、海上、陸上問わずスリルに満ちたアクションを演出し、ファンの期待を裏切らないでしょう。

シーズン2は強豪国ニュージーランドが、新たにリーグに参戦することになりました。リーグのトップスターのベン・エインズリー率いる英国チームとの激戦が期待されるため地元英国ファンの応援にも力が入ることでしょう。

エインズリーは「英国チームとして母国ファンの前でレースができることは最高ですし、とても楽しみにしています。個人的には望郷の思いもあります。ここ西部地方で育ちセーリングを学び、そして長い時を経て国際舞台となるこの地にまた戻れることは感慨深いです。プリマスはセーリングに最適の地です。多くのファンが円形競技場のような海岸から、あの驚異的なF50を見る事ができるのですから」と述べています。

プリマス大会は、100を超える地域で英国とアイルランドのSkyスポーツを含めた大手放送局を通じ、世界中に配信されます。このパートナーシップは今年から始まりシーズン3まで延長されました。SailGPの放映権は、エンデバー社とSailGPのパートナーシップの一環としてIMGによって管理されています。

SailGPのレースは、各チームの国々、CBSスポーツ(米国)、Foxスポーツ(豪州)、スカイスポーツ(ニュージーランド)、Canal +スポーツ(フランス)、TVEおよびTV3(スペイン)、TV 2スポーツ(デンマーク)、 DAZN(日本)にそれぞれ配給されています。シーズン2ではレース中に艇上で交わされる主要な会話を翻訳する新機能を採用、最近発表されたアクロニス社とのパートナーシップを通じ、高速かつハイテクなアクションをよりファンに近づけます。

SailGP/CEOラッセルクーツは「プリマスがSailGPシーズン2の開催地に選ばれたことを本当に嬉しく思います。 英国にはベン・エインズリー率いる才能に満ちたチームがあり、このグローバルチャンピオンシップにおいて地元からの絶大な支持を受けることでしょう。プリマスはSailGPと同じDNAを多く共有する都市であり、海洋技術と持続可能性への取り組みに強い焦点を向けています。 また、プリマスホウの高台からレース海面が一望でき、観客に素晴らしい機会を与えてくれるでしょう。 プリマス市議会と協力して素晴らしいイベントを開催し、ポジティブで永続的な印象とレガシーを街に残すことを楽しみにしています」と述べました。

プリマス市議会副リーダー/ピート・スミス氏は「プリマスは世界で最も壮観なセーリングイベントを歓迎します。私たちは英国の海洋都市としてよりも、大会のホストとして注目された方が嬉しいです。プリマスサウンドの美しい自然の円形競技場のおかげで、見物人は猛烈なレースを間近で観戦する事ができます。訪問者や地元の人々にスリリングな体験を提供するだけでなく、イベントの経済的影響にも期待しています。特に将来を見据え、パンデミック後の経済回復に焦点を当てている中、これは素晴らしい出来事です。 私たちはSailGPと緊密に協力して提供される機会を最大化し、住民が積極的に利益を享受できるようにし、これに伴う若者のエンゲージメントプログラムでは次世代のセーリングへの興味を刺激することでしょう」

英国に続き、SailGPは各チームの国々(デンマーク、フランス、スペイン)での開催に向けヨーロッパに留まる予定です。 今後の日程と開催地は数か月以内に発表されます。