自然を力に、目的が主導する: SAILGPはRace for the Futureの一環として 多様性、平等性、包括性への取り組みのイニシアチブを発表しました

22 OCTOBER 2020News

ロンドン-2020年10月22日- SailGPは本日、よりクリーンで、より包括的な未来への変化を加速することを目的としたRace for the Futureキャンペーンの発表に続き、多様性、平等性、包括性への取り組みのイニシアチブを発表しました。 このグローバルチャンピオンシップは、SailGPに参加する女性選手の能力向上のためのトレーニングを迅速に進める広範なプログラムをスタートさせます。

SailGPのCEO/サー・ラッセル・クーツ「私たちは、組織とこのスポーツの包括化を進めるため、しかるべきミッションがあることを認識しており、変化を加速させることに全力で取り組んでいます。 私たちは、最高峰のグローバル・リーグとして、このチャンスができるだけ多くのアスリート達に与えられるべきであると考えています」

「高速フォイリング艇 (F50カタマランを含む)は、今では当然ながらハイパフォーマンス・セール・レースの中心にあります。しかし、そのレースの大半は男性主導であり、性別間の経験差が生じています。 このスポーツにおいて、全てのジェンダーの可能性は平等であるべきです。ですから、そのギャップを埋めるための有効な機会を提供しなければなりません。より包括的な環境を作り出すためには、スポーツの既存の壁を打ち破ることが不可欠です。」

SailGPの当面の焦点は、ジェンダー平等と人種の多様性の向上であり、全ての過小評価グループがリーグにアクセスしやすくすることを長期的な目標としています。

このプロセスの指標とし、SailGPは過去4か月間、ダイバーシティおよびインクルージョンのコンサルタント会社であるClear Companyと協力し、2つの実行委員会を設立しました。 過小評価グループのメンバーが75%を締める、多様性/平等性/包括性委員会は、組織全体で女性と人種的に多様な個人の全体的な包含を推進します。一方、女性委員会(女性80%以上を含む内部および外部の経験者で構成)は、最初の女性アスリート包括プロセスをサポートします。

SailGPは、11月初旬から、各チームの国々(オーストラリア、デンマーク、フランス、英国、日本、ニュージーランド、スペイン、米国)で実施される最初の女子選手キャンプを主催し、リーグ全体の選考基準を満たす女性アスリートの発掘/育成に取り組みます。

この中から、まず16名の女性が、来年初頭SailGPシーズン前のトレーニングキャンプに選抜されます。 最終的に、少なくとも1名の女性アスリートが、2021年4月から再始動するシーズン2の各チームのメンバーとして選ばれることになります。

ジェンダー平等イニシアチブの最初のシーズンはパイロットプログラムとして機能し、統合プロセスを成功させるため定期的な評価と調整が随時行います。 このプログラムは、レース艇F50のヘルム、フライトコントローラーまたはウィングトリマーのポジションで、トップクラスの女性セーラーを養成します。

SailGP 女性委員会のメンバーで、オリンピックと世界一周レースそれぞれ3回の出場経験を持ち、ワールドセーラーオブザイヤーに2度表彰されているキャロリーン・ブロウワーは「これはプロ・セーリング界の女性達にとって、大きな前進です。 SailGPは、包括化を加速させ、有能な女性セーラー達が、世界最速のセーリングリーグで男性と肩を並べてレースができる機会を提供します。 このイニシアチブにより、将来、真のジェンダー平等を達成できるでしょう。」

2021年1月までに専任の女性のプログラムマネージャーが就任し、このイニシアチブを管理します。

ジュニアや草の根のレベルから始まるSailGPは、、より人種的多様なプロファイル構築に焦点を当てます。ワールドセーリング、各国セーリング連盟、地元セーリングクラブや地域活動と協力し、コミュニティー・アウトリーチ・プログラムであるSailGP Inspireの展開を通じ、さまざまなバックグラウンドを持つ若者にチャンスを提供します。

SailGP Inspireは、当初からジェンダー・バランスが取れており、ユース女子セーラーがWASZP級のフォイリング艇でトレーニングやレースの経験を得る重要な機会を提供してきました。さらに、SailGP Inspireは、人種的、社会経済的多様化を目的に、若者がレクリエーションまたは競技セーリングの両方に参加できる機会を提供します。

SailGP Inspireのリニューアルに関する詳細は、年末までに発表されます。

ワールドセーリングのサステナビリティ責任者であるダン・レディング氏「私たちは、持続可能性への取り組みでリーダーシップを発揮し、特別イベント持続可能性憲章に最初に署名したSailGPを心から称賛します。このチャンピオンシップと協力し、過小評価グループ間のギャップを埋め、World SailingTrustと共に、より幅広いデモグラフィックに関われることを楽しみにしています」

平等で包括的な文化を育むことを目的とした社内ポリシーや手順など、SailGPの多様性戦略に関する追加情報はこちらです。