シドニーハーバー、初出艇のSailGP6艇に鮮やかに彩られる

7 FEBRUARY 2019News
Tags:
  • SailGPシドニー
シドニー湾に現れたF50

シドニー大会チケット発売中

シドニー - 2019年2月6日 - 1週間後に迫ったSailGP開幕戦・シドニー大会に向け、オーストラリア、中国、イギリス、フランス、日本、アメリカのF50が全艇一緒に初めてシドニー湾に現れました。この日、最初の公式練習が行われ、総トン数2,400kgの一段と過激になったカタマランがスタート練習、コース練習を行いました。

F50は、最高速度が時速100キロ(50ノット以上)に達すると予想される、世界最速かつ最先端クラスのレース艇です。その開発のためには135,000人時間が費やされ、1月にニュージーランドのファンガレイからシドニー湾のコカトゥー島に輸送されました。

中国のF50には火を吐くドラゴンが描かれ、アメリカ艇は米国旗で彩られる一方、オーストラリア艇は巨大なカンガルー、オーストラリア国旗、そしてナショナルカラーであるグリーンとイエローで飾られています。

今日の公式練習を終え、オーストラリアがシドニー湾で残りの5カ国と競い合うというSailGPシドニー大会に向けた舞台はほぼ完成したと言えるでしょう。SailGPはその後、アメリカのサンフランシスコ、ニューヨークさらにイギリスのカウズ、そして最終戦はフランスのマルセイユで行われ、チャンピオンは優勝トロフィーと賞金を手に入れることになります。

「レースまでわずか1週間しかないとは信じ難いです - 私たちはSailGPを実現するために長い間取り組んできました。今までの努力が、世界で最も象徴的なハーバーでこのように実を結ぶのを見ることは格別なことです」 とオーストラリアのヘルムスマンでありオリンピック金メダリストであるトム・スリングスビーは語りました。

「F50がずらりと並んでいるのは確かに圧巻です。シドニーハーバーは、このレース艇で走るには小さいと感じるほどで、6艇が並んでレースを行う光景は壮観なものになると確信しています。 スリルや緊張感のあるエキサイティングなレースになることでしょうし、私たちは地元の観客に、オーストラリアチームの実力を証明するよい結果を見せるために、全力で戦います」

SailGPシドニー大会はシドニー湾にて2月15〜16日に行われます。世界初のSailGPイベントでの特別な観覧体験を可能にする各種チケットが発売中です。詳しくはhttps://sailgp.com/races/sydney をご覧下さい。