if(typeof window !== 'undefined' && window.location.hostname === "fr.sailgp.com") { }
JPN flag

日本チーム、1位スタート!

5 JUNE 2021News
第2レースで見事なスタートを決め有利な位置をキープする日本艇

セールGPシーズン2 第2戦ターラント大会 Day1

6月5日、セールGPシーズン2第戦ターラント大会が開幕しました!初日の今日は風が弱く不安定なコンディションとなりましたが予定通り3レース行われ、日本チームはターラントの風を上手く掴み安定したスピードをみせ米国と同点首位で好スタートを切りました。
 セールGPは今大会からクルーの人数制限に新ルールが導入されました。軽風域の風速3メートル以下は通常5人のクルーが3人に減らされます。クルーを減らすことで、軽量化され、風が弱くてもスピードを保ちフォイリングをしやすくするためです。この高速マシンF50を3人で操縦するのは簡単ではありません。まさにドライバーと2選手の並外れたスキルが勝敗のカギを握ります。
レースハイライト
第1レース:スタート後に集団を抜け出し2位で最初のマークを回航。その後一時的に落ちた風の影響で順位を落としましたが、終盤、第4レグで大きくゲイン。米国とデッドヒートを展開し、あと一歩で逃げ切られましたが、追い上げるニュージーランドとスペインをおさえ2位。
第2レース:絶妙なタイミングでスタートを制し、序盤からリードを広げ一時は首位独走。終盤タックのミスで後続艇との差が縮まる場面がありましたが、落ち着いたその後のレース運びで首位をキープ。シーズン初となるトップフィニッシュを飾りました!
3レース:スタートで出遅れ序盤は後続集団からチャンスを狙います。風が落ち始め他国が失速する中、うまく風を掴みスピードを保ちながら徐々に順を上げ一時は2位まで浮上しましたが、勢いに乗るフランスに抜き返され3位に。Day1最後のレースは、スタートからリードをキープした米国が安定した走りでトップフィニッシュしました。
前回に続き今大会も2位で2日目をむかえます。開幕戦でのクラッシュから途中棄権の悔しい思いを胸に,チームは一丸となり、まずは決勝レース進出そしてシーズン初優勝を狙います!

選手コメント
クリス・ドレイパー「今日は3人制でのセーリングで、フランチェスコと勇希がいなく、とても苦労しました。でも、3レースともいいセーリングができ、エキサイティングで楽しい1日となりました。明日もこの調子で頑張ります!」

同点首位ですが、現時点のタイブレーク方式により最終レースで上位のチーム第3レース1位の米国がスコアボードで1位になっています。

出場選手 (ON)は本日乗艇
ネイサン・アウトリッジ / ドライバー(ON)
クリス・ドレーパー / ウイングトリマー(ON)
森嶋ティモシー / グラインダー(ON)
フランチェスコ・ブルーニ / フライトコントローラー
笠谷勇希 / グラインダー
中村大陽 / グラインダー
梶本和歌子/ 育成選手

今シーズン初の1位フィニッシュで喜ぶ選手達とサポートチーム