Meet the teamsジャパン セールGPチーム (Japan SailGP Team)

Please scroll for English translation

ネイサン・アウタリッジ率いる「ジャパン セールGPチーム」が始動。アメリカズカップセーラーやオリンピック選手、才能ある若手が参加

日本チームを牽引するスキッパー兼CEOのネイサン・アウタリッジは、経験豊かなメンバーでチームを結成しました。メンバー6人のうち5人は、F50の前身であるAC50でレースが行われたアメリカズカップ経験者です。 日本人クルーの吉田雄悟と笠谷勇希は、ソフトバンク・チームジャパンのグラインダーとして活躍しました。ネイサン・アウタリッジ、イアン・ジャンセン、ルーク・パーキンソンはアルテミスレーシングのチームメイトです。またアウタリッジとウイングトリマーのジャンセンは49er級の元世界チャンピオンで、2012年のロンドン五輪では金、2016のリオ五輪では銀メダルを獲得しました。パーキンソンは、世界一周レースのボルボオーシャンレレース2014-15の優勝チームメンバーでもあります。さらに、日本チームにはSailGPチームの中で最も若い19歳の高橋レオも参加しています。

Japan SailGP Team F50
Japan SailGP Team F50
  • ネイサン・アウタリッジ (Nathan Outteridge)

    ネイサン・アウタリッジ (Nathan Outteridge)

    ヘルム

    ネイサン・アウタリッジは世界屈指のハイパフォーマンス艇、フォイリング艇セーラーです。国際モス級など複数のクラスで計8回の世界タイトルを手にしており、2012年のロンドン五輪では49er級で金メダルを、2016年のリオ五輪では同じく49er級で銀メダルを獲得しました。彼の才能はすぐにアメリカズカップチームの目にとまり、2013年の第34回アメリカズカップではアルテミスチームのヘルムスマンとして、また2017年の第35回大会では同チームのスキッパーとして活躍しました。アウタリッジは現在、妹と共に2人乗りのフォイリングカタマラン、ナクラ17級で2020年の東京五輪出場に向けたキャンペーンも行っています。

  • イアン・ジェンセン (Iain Jensen)

    イアン・ジェンセン (Iain Jensen)

    ウイングトリマー

    イアン・ジャンセンは彼のセーリング競技人生のほとんどを、ネイサン・アウタリッジと共に歩んできました。ジャンセンとアウタリッジのコンビネーションは抜群で、2人で世界タイトル、オリンピック金メダル、銀メダルを獲得する好成績を残しています。ジャンセンは2013年、2017年のアメリカズカップにもアルテミスレーシングのメンバーとして参戦しています。

  • ルーク・パーキンソン (Luke Parkinson)

    ルーク・パーキンソン (Luke Parkinson)

    フライトコントローラ

    ルーク・パーキンソンは、ネイサン・アウタリッジをとてもよく知っています。なぜなら2人は長年、49er級のライバルとして競い合った相手だったからです。しかし、パーキンソンが世界一周ボルボオーシャンレース2014-15にアブダビレーシングのメンバーとして出場し、優勝したことで2人は急接近。その後、パーキンソンはアウタリッジ、ジャンセンと共にアルテミスレーシングのメンバーとしてアメリカズカップに挑戦しました。

  • 吉田雄悟 (Yugo Yoshida)

    吉田雄悟 (Yugo Yoshida)

    グラインダー

    吉田雄悟は470級のクルーとして数々の大会に出場した経験豊富なセーラーです。世界選手権はもちろん、2012年のロンドン五輪には470級の日本代表として出場しています。吉田のハイパフォーマンス/フォイリング艇デビューは、2017年にバミューダ諸島で開催された第35回アメリカズカップです。厳しい環境の中、日本チームのメンバーとしてその能力を発揮しました。

  • 笠谷勇希 (Yuki Kasatani)

    笠谷勇希 (Yuki Kasatani)

    グラインダー

    笠谷勇希はまだ20代にもかかわらず、既にアメリカズカップに挑戦した経験を持っています。笠谷は2015年、アメリカズカップに挑戦する日本チームのグラインダー選考会に応募し、圧倒的な身体能力と国内トップレベルのボート競技で鍛えた心肺機能の高さを見せました。

  • 高橋レオ(Leo Takahashi)

    高橋レオ(Leo Takahashi)

    グラインダー補欠

    SailGPチームの最年少メンバーが、弱冠19歳の高橋レオです。ジュニア時代からその頭角を現し、現在はマッチレースと49er級で世界ランキングに登場しています。高橋は2015年以来、日本セーリング連盟のナショナルチームに所属しており、今年初めてシニアレベルでの世界大会出場を果たしました。もちろん2020年の東京五輪出場を狙っています。2017年に行われたユースアメリカズカップにも、日本チームのメンバーとして出場しています。

Team Gallery

Nathan Outteridge leads a Japan SailGP Team loaded with Olympic and America’s Cup experience

CEO/helmsman Nathan Outteridge has put together a very experienced team, with five of the six sailors having raced on the F50’s predecessor with either Artemis Racing or SoftBank Team Japan. He and wing trimmer Iain Jensen together won Olympic gold at London 2012 and silver at Rio 2016 in the 49er class, while Luke Parkinson - a fellow Aussie and Artemis Racing alumnus - is also a winner of the 2014-15 Volvo Ocean Race. Up-and-coming Japanese sailors Yugo Yoshida and Yuki Kasatani join the team as grinders from SoftBank Team Japan’s 2017 America’s Cup campaign. Rounding out the crew is Leo Takahashi, one of Japan’s most promising young high-performance sailors, and SailGP’s most junior member at just 19 years old.

  • Nathan Outteridge

    Nathan Outteridge

    CEO and Helm

    Nathan Outteridge is one of the world’s most talented high-performance foiling sailors. He is an eight-time world champion, and won Olympic gold in the 49er class at London 2012 and silver at Rio 2016. Those results had him quickly recruited into the America’s Cup, where he was helmsman and then skipper for Artemis Racing in the 2013 and 2017 editions. He is currently exploring another Olympic campaign, racing with his sister in the Nacra 17 class.

  • Iain Jensen

    Iain Jensen

    Wing Trimmer

    Iain Jensen has spent most of his competitive career sailing with Nathan Outteridge. It’s been a productive partnership, as the dynamic duo has a slew of world championship titles and Olympic gold and silver medals to their credit. Jensen has also sailed in the last two America’s Cups with Artemis Racing.

  • Luke Parkinson

    Luke Parkinson

    Flight Controller

    Luke Parkinson knows Nathan Outteridge well, having campaigned against him in the 49er class over a number of years. But it wasn’t long before Parkinson set his own mark, winning the 2014-15 Volvo Ocean Race with Abu Dhabi Racing. Following that victory, he joined Outteridge and Jensen on Artemis Racing for the 2017 America’s Cup.

  • Yugo Yoshida

    Yugo Yoshida

    Grinder

    Yugo Yoshida is an experienced Olympic 470 sailor following campaigns competing in the 2012 Games, as well as several world championships. He made his debut on high-performance, foiling boats in a tough environment – with the Japanese challenge for the 2017 America’s Cup in Bermuda.

  • Yuki Kasatani

    Yuki Kasatani

    Grinder

    Though one of the younger crew members, Yuki Kasatani already has America’s Cup experience. In 2015, he joined the Japanese challenger for the 2017 America’s Cup as a grinder, recruited for his incredible fitness as a national-level rower.

  • Ryo ‘Leo’ Takahashi

    Ryo ‘Leo’ Takahashi

    Reserve Grinder

    The youngest member of a SailGP team, 19-year old Leo Takahashi has been rising in the ranks of match racing, while also making a mark in the 49er class. He has been a member of the Japanese National Team since 2015 and following success at the junior levels, he recently competed at his first senior-level world championship (2018) and is looking to qualify for the 2020 Olympics. He was also part of the 2017 Youth America’s Cup for the Japanese team.